信じる力で、どこまでも魅力的になる

アジアの俳優さんの写真を見ると

「まさか二枚目俳優ではないはず」

と思うような方を結構見かけます。

そしてその方達が、紛れもなく二枚目俳優だったりしてびっくりするのですが

そういう俳優は、動き出すと俄然かっこよくなるのです。

 

日本ではもうお目にかかれないほどのキメ台詞とキメ顏をする時、

自分の顔の造作が、最大限かっこよくなる不思議なパワーを発揮します。

 

それはどこから来るのかというと、

「自分を信じる力」

だと思うのです。

 

アジアの俳優さんは、自分が一見二枚目に見えないとしても

眼差し、表情、姿勢、声、あらゆるものを使って

自分と周りに暗示をかけます。

 

それを見るたび、

「この人の写真だけ見ていたら

”キモい顔”が売りのお笑い芸人の◯◯さんと間違えた人なのに、

不思議〜」

と思うのですが、実際、自分を信じている人にはかっこいいオーラが自然に出るし、

顔の作りがいいのに

オドオドしていたり、卑屈な表情をしたり、ひがんだり、自信のない態度を取り続けて、まったく「かっこいい枠」には入れない人もたくさんいます。

 

 

顔はあんまり関係なくて、自信満々に楽しいことをしている方が

魅力的に映るしモテる理由でもあるのだと思います。。

 

自分をどれだけ

「かっこいい」

「素敵」

と思っているかで、最初は表に出なくても

徐々に、本当に素敵な人になっていきます。

 

もし、自分が俳優、女優なら、どんな表情でものを見るか

自分の中に眠る、自分史上で最高に素敵な私を表そう・・・

 

そんな気持ちで、自分を信じてみると、いつも見ている世界と違う世界が現れます。

「私は魅力的」

そう信じて毎日過ごしたいですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です