なりたい人には今ここでなる

  いつかこんな人になりたいなぁという憧れは、誰もが持っているのではないかと思います。   私も幼い頃からずっと、美しい人になりたい、優雅な人になりたいと思っていました。   ところが、芸者になっても、NO.1になっても、いつまでたってもその日はこなかったのです。   何かの肩書きやものを手に入れさえすれば、自分の憧れる姿になれると思っていましたが、それは間違いでした。   優雅な人になりたければ、優雅な服や家が手に入る前に、 今、優雅な仕草、眼差し、言葉遣い、心持ちで生きる。   家族の笑顔を増やしたくて働くならば、 稼いだお金を使って家族が笑顔になるまで待たずに、 今、自分や家族が笑顔になるために出来る事をする。 仕事に楽しみを見つけて働く。 しかめ面で得たお金は、しかめ面になるような事を生むし、 しかめ面でお金を得ると、 しかめ面でしかお金を稼げない型ができる。   仕事や肩書き、タイトルや持ち物で美しさや優雅さ、笑顔が生まれるわけではないのです。   今はその事がよく理解できるようになりました。 (実践できているかは聞かないでください・・・)     また、望む状態を引き寄せるための心の持ち方についても、自分なりの試行錯誤のまとめが出ています。 具体的な例を挙げるとすれば、私は本を読むのが大好き。 息子に本を読んであげることもとてもしてあげたい事。 息子も本を読んでもらうのが大好き。   それなのに私がしていた事といえば、 寝ない子供を叱りつけながら、怒って急いで、 物語の内容なんて全く把握せず、字面だけ追って読み飛ばして・・・ということでした。 「早く本を読み終わって、この子を寝かしつけて、仕事をする事で余裕が出て、この子に楽しんで本を読んであげる時間がちゃんと確保できる」 と思っていたのです。   ところが実際は、子供と楽しみながら自分もその世界に浸って、一緒に楽しむ事で、自分の本当にやりたい仕事をする機会が増えたり、仕事のアイディアが湧いてきたりしたのです。   今できる楽しみを、いつかの為にとっておいてはいけない。 自分がしたい事が今できる事なら、その瞬間を存分に楽しむ事でまた、次に来る事も楽しんでできる事が来る。 何かを手に入れる為に焦ったり、嫌な気持ちになりながらすると、その気持ちは何かが手に入った後も続くようになっている。そうなるとまた焦って、嫌な気持ちになりながら次のものを求めるようになる。   今の心の状態が、次の出来事を引き寄せたり創ったりするんだなと、こういう事を繰り返すうちに理解するようになりました。 いつか始まるはずの私の人生は、いつまでたっても始まらないのに、 私が 「これさえ手に入ったら・・・」 と思っていたものを持っていない人でも、 優雅に、美しく、楽しく生きている人がたくさんいるという事実からも、 「今、心がどんな状態か」 ということがいかに大切かわかりました。 以下は、自戒の念を込めてそのことをいろんな角度から書いた言葉です。   ☆何かになる為に焦って今をおろそかにしない。 何かを手に入れるために、今手にしているものを粗末にしない。 「なりたいものになった時は、きっとこういう気持ち」 と思う気持ちで目的地を目指す。 「あれが手に入ったら、それは大事にする」 じゃなく、今あるものを大事にする事で欲しいものを手に入れる。 ☆彼氏が出来たり、 結婚したり、 就職したり、 あの服が手に入ったり、 もっと大きな家にすんだり、 年収が3000万になったりした時人生が始まるわけじゃない。 とっくに始まってる人生に気づいて、それを愛し始めた時に今の人生と望む人生が一致し始める。 何かを手にした事で得る気持ちを先取りして生きる     ☆ゆとりある人になりたいから働くのに、 働く為にゆとりのない仕草や行動をしていたらいつまでたっても自分の中にゆとりは生まれない。 忙しいくて扱いが雑になるならものを減らす。 何かが手に入ったら急に優雅になる訳じゃない。 ものの扱い、会話、眼差し。 ゆったりするように心がけることで現実は変わる   ・・・・・ 友達を大事にする人 優しい眼差しの人、 姿勢のいい人、 綺麗好きな人・・・   いつかなりたいではなく、今なろうときめる。   仕事でも、家庭でも、プライベートでも、 自分が憧れている姿を描いて、 その姿勢、眼差し、言葉遣い、感じ方を、早速今からやってみる。 そうすることでする事で、現実が追いかけてきて、知らないうちに望むものがきっと手に入ります。   今日もお多福美人講座をお読みくださりありがとうございました。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です