欲しいものがあって焦る時

例えばお金が欲しい時 家族ともっと豊かな暮らしを楽しみたいから 働いたり、起業してみようかなと思い立ったとします。 そのために必要なことをあれこれしていると 子供との時間が満足に取れなかったり 家事をするのも苛立ちながら、焦りながらになって 「あぁ、まだあれができていない」 「もうこんな時間なのに」 と一日何度も思うことがあると思います。 私も自分で仕事をしているので、 そんな風に感じてしまうことがあります。   起業して、実際少し金銭的なゆとりが出たとしても 心の中からゆとりがなくなったり 家族との時間的ゆとりがなくなって 持ってる豊かさの総量は増えていなかったとしたら、 意味がありませんよね。   では、どう考えるか。   豊かになろうとした時に 一番大切なのは豊かさを感じるアンテナの精度をよくすること。 豊かだなぁと感じる瞬間を増やすことはとても大事です。 一日に何度 「豊かだなぁ」 と感じることができるか。 それが実際に手にする豊かさとイコールなのです。 だとすれば、豊かになるためにできることは起業することだけではありません。 家事の中で、洗濯や炊事のたび 水の温度を感じたり、食材の色や手触りを感じたりして豊かさを実感することもできるし、 家族とのやり取りの中で豊かさを感じることもできます。 そのことが、自分のお給料という形でなくとも、 なんらかの豊かさとして必ず自分に返ってきます。 また、起業したり働きに出た場合も、 家事を面倒なことに位置付けず、豊かさを感じる機会として捉えていれば、 「収入が増えたけど、豊かとは言えない状態」にはなりません。   恋人が欲しい時も同じで、 素敵な恋人を作るために、あの服も買わないといけないし、 エステにもいかないといけないし・・・ と思って無理に働いて不健康になったり、 婚活に勤しむあまり仕事がおろそかになったりするよりも、 毎日の暮らしの中で、男性のいいところ、自分のパートナーに求める資質を見つけるようにしたり、 一人でいる時に感じられる喜びをしっかり受け取って楽しんでいることで かえって男性に愛されるようになります。 恋愛においては、 「過去の男も周りにいる男も、クズばっかり」 と思ってしまうと、どうしたってそういう男性を吸引してしまい、 たまたま見つけたそうでない男性まで、付き合ううちに 「やっぱりクズ」にしてしまいまうので、 どんなにクズに思えても、その男性の中にある一縷の良さを見るようにしましょう。   考えたことが増えていき、引き寄せられるようになっているのだから、 この先の楽しい恋愛のために、見るのはいいところを。     欲しいものがあると、それが手に入らなければ幸せを感じられなかったり、 それを手に入れるまでの時間を楽しめなかったりしますが、 今ここにある幸せを感じて、いつもいい気分でいることを選択すると、 それが手に入らなくても十分幸せであることに気づきます。 そんな時、自分が欲しいと思っていた以上のものがひょっこり手に入ったりするから、宇宙には本当に法則があるんだなぁと感じます。   この感覚を一度掴むと、時々焦ったり欠乏感を持っても 「違う違う、いい気分」 と、気持ちを立て直しやすくなるので、 何か小さな欲しいなぁと思うものがあった時、 がむしゃらに掴みに行くのではなく、 「今を楽しむ」を続けて、 一度この方法で手に入れてみてください。   そして感覚をつかんだら、また違うものを。   ずっといい気持ちでいられなくても大丈夫。 また、気付いた時に戻ればOK! 自分を責めないことも、いい気分でいるには大切。   タオルのふんわりした感じ、大根を切った時の手の感触、 鏡を拭いた後の清々しさ・・・   とにかく日常に散らばるいろんなものを楽しんで、 今ここにいる幸せを堪能してください^^   さぁ、私も今から選択の取り込みです。            

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です